ページ上部に戻る

MENU


劇的!難聴改善トレーニング

あなたの聴力は何才ですか?

英国のMRC Hearing Research統計によると…

2015年に 7億人だった聴力損失人口が2025年には 9億人を超えると予想

韓国の難聴人口は2008年から毎年5%ずつ増加

難聴人口はここ5年間で41%という驚くべき増加

60歳以上の人口の40%程度が老人性難聴

難聴を放置すれば…

言語の理解能力が 減少して対人恐怖症やうつ病、

痴呆など 疎外感、孤立感、社会的な 隔離感が高まる

米国のジョンズ·ホプキンス大学はアメリカ人5人のうちに1人が

Hearing Loss 問題を経験していて

聴力が落ちれば 記憶力の減退、集中力の低下、痴呆症の危険性が

5倍まで 増加できることを発表

WHOが発表した統計によると…

全世界の青少年 約11億人が難聴の危険にさらされており

5年間 青少年の騒音性難聴は30%以上増加の傾向

度重なるクラブ出入り – 10代の難聴増加はゲームルームやクラブの頻繁な出入りが原因

イヤホーン使用 – 10代の難聴増加はイヤホンの長期使用習慣から始まった

高音量音楽-10代の難聴増加は大部分大きい音量による発病が主な原因

若者層の急激な難聴増加はイヤホンとヘッドセットを使って音楽とゲームを習慣的に

聴き取りで聴力細胞を損傷して発生した場合で増加の一途をたどっている

難聴,果たして解決策があるのか?

Threshold Sound Conditioning

難聴周波帯域を求めて聴覚細胞に最適な音量を提供し

損傷した聴覚細胞を活性化させ聴力を回復させる音響技術

世界で初めて世界特許を獲得した独歩的な技術

一日30分ほど聞くだけで耳鳴り、難聴を管理して、痴呆症まで予防する、とても画期的な技術

ヒーリング·ロスが進む中高年層は 抗老化効能と聴力改善に欠かせない

現在 難聴患者7億人(MRC Research,2015)は直ちに聴覚管理が必要なのだ

世界の聴力減少人口約18億人は潜在消費層で巨大な市場に比べて

治療方法がなかったので技術競争力が非常に高く位置している

最新ニュース

  1. 「MTM耳鳴りの診断と治療」図書出版記念会 2019.03.25
  2. スタンフォード 臨床論文 2019.03.01
  3. ご利用者の声:その017 2019.03.01
  4. ご利用者の声:その017 2019.03.01

お問合せ

確認画面

お名前*
例)音 鍛冶*
フリガナ*
例)オトカジオ*
メールアドレス*
例)uplands.co@gmail.com*
住所* 例)1234567*
住所
例)大阪府大阪市大阪町1ー2ー3*
建物
例)マンション名部屋番号等
電話番号*
例)06-123-4567*
FAX番号
例)06-123-4567
お問い合わせ
【プライバシーポリシー】
お客様の個人情報について、個人の承諾が無い限り第三者に開示、提供を一切いたしません。ただし
、裁判所、警察、消費者センターまたはこれらに準じた権限を持った機関から要請がある場合は、これに応じた情報を開示させていただきます。